花塚農場のお米

2017年度 新米について

春からの大潟村の気候とお米の生育につきまして

今春、田植えが終わり安堵している頃に強めの寒波がきてしまい、そこでお米の生育が停滞してしまいました。その後、夏の前半の気候は平年並みに推移しましたが、お盆の前から早めに涼しくなりました。その後、お米が最後に実る九月も暑くなることはなく、稲刈りの時期には雨が数日おきに降り、雨の合間をみての稲刈りでした。全体的に涼しい気候でのお米作りでした。生育も最初の寒波での遅れをなかなか取り戻せないまま収穫期となり、平年より一週間以上遅れての収穫でした。



収穫量について

稲刈りしている感覚やコンバインからダンプに排出している感覚では収穫量はやや多いかなと感じていましたが、実際に籾すりして玄米にしてみると多くはないです。昨年よりは少ないです。平年作〜やや少ない収穫量でしょうか。涼しい気候でのお米作りでしたので充分に大きくなりきれなかった粒が多く、くず米となってしまう粒がとても多いのも理由の一つと思います。



玄米の外観について

遅れた生育を取り戻せないままの収穫でしたので、玄米の茶色になりきれていない緑色のお米が残っています。色彩選別機でカメムシなどの着色粒と一緒に緑色のお米も結構除去しておりますが、それでも残ってしまっています。見た目は例年と比べて悪いと思います。しかし、収穫から一カ月程経って緑色の玄米もだんだん茶色になってきて、緑色の粒が徐々に少なくなってきているように思います。



食味について

今年の玄米には緑色のお米は若干混じっています。見た目は悪いと思います。しかし緑色のお米は風味や薫りが強いといわれていますので、新米らしい風味や香りのあるのが今年のお米なのかなと思います。昨年までは色彩選別機で緑色のお米をほぼ除去しておりましたので、逆に新米でもあまり新米らしくないと思うところもありました。
そして収穫から一カ月程経って緑色の玄米はだんだん少なくなってきているので、風味、香りある新米らしいお米から、少しずつ味わいあるお米に変わっていくのかと感じております。


2017年11月8日
花塚農場 花塚雅人




2014年度あきたこまち作業


ページトップ


26年度新米 あきたこまち お試し版



あきたこまち 無農薬自然乾燥米

29年度産のお米です。

除草作業にたくさんの時間と労力を費やして栽培した無農薬米を乾燥機は使用せずに、屋内のシートの上でゆっくり自然に乾燥させたお米。
現時点で私が考えられるすべてのことを実現した逸品です。

あきたこまち白米 無農薬自然乾燥米

除草剤:不使用
化学肥料:不使用
病害虫農薬:不使用
その他化学物質:不使用

5kg 4,380円 (税込)
あきたこまち白米 無農薬自然乾燥米
ご購入・詳細はこちら
あきたこまち玄米 無農薬自然乾燥米

除草剤:不使用
化学肥料:不使用
病害虫農薬:不使用
その他化学物質:不使用

5kg 4,080円 (税込)
あきたこまち玄米 無農薬自然乾燥米
ご購入・詳細はこちら

あきたこまち 無農薬栽培米

29年度産の新米です。

除草機による除草、人手による除草などにより、農薬を使用せずに栽培したお米。
6月・7月中旬、8月下旬〜9月上旬は除草作業にとてもたくさんの時間・労力を必要とします。
努力と汗の結晶です。

あきたこまち白米 無農薬栽培米

除草剤:不使用
化学肥料:不使用
病害虫農薬:不使用
その他化学物質:不使用

5kg 3,780円 (税込)
あきたこまち白米 無農薬栽培米
ご購入・詳細はこちら
あきたこまち玄米 無農薬栽培米

除草剤:不使用
化学肥料:不使用
病害虫農薬:不使用
その他化学物質:不使用

5kg 3,480円 (税込)
あきたこまち玄米 無農薬栽培米
ご購入・詳細はこちら

あきたこまち 減農薬栽培米

29年度産の新米です。

田植え直後に除草剤を1回だけ使用することにより除草コストを抑え、低価格を実現したお米です。花塚農場の減農薬栽培米は慣行栽培米と比べて使用農薬成分(3成分以下)、化学肥料(0kg/a)など差は歴然!

あきたこまち白米 減農薬栽培米

除草剤:田植え直後1回使用
化学肥料:不使用
病害虫農薬:不使用
その他化学物質:不使用

5kg 2,980円 (税込)
あきたこまち白米 減農薬栽培米
ご購入・詳細はこちら
あきたこまち玄米 減農薬栽培米

除草剤:田植え直後1回使用
化学肥料:不使用
病害虫農薬:不使用
その他化学物質:不使用

5kg 2,680円 (税込)
あきたこまち玄米 減農薬栽培米
ご購入・詳細はこちら
ページトップ
秋田県大潟村で「あきたこまち」無農薬栽培、減農薬栽培。あきたこまち販売・通販の花塚農場

Copyright(C)2011 hanatsuka Farm all right reserved